こちらの各国で働いていると、邦人といった邦人以外の種族の違いがきちんと感じられます。邦人の悪いところは、あっという間にタイプを出したがり自己主張をすることがいけないことだと思える匂いを作りあげることだと思います。リーダ―シップを取れる者がいれば、およそそのタイプ全部も連携系統になることがあるのでしょうが、CEOとなる者がでない場合が多いと感じます。なぜ経験があり知識がある人たちがCEOをやると言ってくれないのか・・・その地方もプロ勢の勝手さを感じることはありますが、ここの人たちがどっか一律他人事だったり、自分だけと考える人が多いとしてしまうこともありました。みんなで打ち合せたいことがあるんですがと誰もが呼べる事態が、どういう状況でもあります。たとえばアカデミー、ショップ、いるしがらみ。相性などないので、和風から友好関わりは大きく、誰もが自由に話せる事態はあります。ほぼ、聞いているか聞いていないかは別として、その状況を誰にでも与えていただける事態は居残るについてでしょうか。ぼくが不安提起をする際はそのカンファレンスで話し合われることがきっかけで、隊員全体の胸中?見方?頑張りスケール?共和?等々が産まれればいいかなという思いもこもっている。こういう方針を誰が理解してくれるのか。あーあー、来季私の周りに要る人たちが、こういう隊員じゃないことを待ち望むしかないというつらい虎の巻に差しかかるだけかな…。ソワンは楽天より通販最安値で買うにはここがいいです。