以前まで連日down20℃から30℃の冬季が適切だった各国で暮らしていた私において、スノーがいかほど一大もので、日々で、スノーが落ちるという乳児心に感じた現象のある心配空気はどっかへ赴き、ただ寒いという現実に覚える体感気温の厳しさだけが止まるスノーが、寒い各国で暮らして以降大嫌いになったので、こういう寒波も特にどっかへさってくれーという連日でした。子供たちやスノーが物珍しいと喜んであるちょっと滅茶滅茶じゃない?と思えるおとなたちの相手方。ワンポイント、言わせて下さい北の国の人生がいかほど大変か、わかっていますか?内部の水道が止まったって叫んで要る、セットアップ不備で知性不備のおとなたち・・・。私が今まで出会った邦人には、邦人びいき外人のことをよく思わない者も大勢います。それは、邦人なら何でもかんでも言うことを聞いてくれる、他の部族みたいに自身感想はしないと思っている、お金持ちだと思って掛かる者も中にはいて、邦人であるというだけで、軽く見られることも確かにあるからだ。けれどもそれは、私たち邦人が否定していかなければいけないことだと思いますし、お金持ちという調だって、稽古道中の各国において困ることが無いものにあふれて掛かる、便利な各国であることは適切でしょう。ただしそれは始終努力して働いたり、研究してある人が多いので、努力して掛かる人の甲斐ではないでしょうか?http://asitaneturizm.com/