万引きした商品を返してとして間が過ぎたら犯人の顔つきを公開する警報と言っていましたがまだまだ犯人らしいから名乗り出てない状況になっているのです。このままだと犯人の顔つきを公開すると言っていますが、直前になって警視庁から「待った」という申込みたのです。これは罪になると思われています。万引き犯は現行犯でしなければ逮捕が出来ないのです。今回のケースでは返納をしなければ顔つきをリリースをする警報までしているのでするのかと思われているのです。警視庁は「リサーチに支障が出る」と言ってリリースを済ませるように申込みたのです。もちろんこういう店主は断ったかも知れないのです。けれども、目利きプランに出すと一大事が現れる可能性もあるのです。これはマイナスは避けて通れないといった思われてしまう。これを有するやつを探せなければならないと思っているといった思われていますが、はたして取り戻せるやつもがいるかどうかわからないと思っているのです。フィルムを見ても万引きした製品が引き取られている事もあるのでそれが大事だと思っています。遂に大阪府議会が開始されますが、この時期にやるのは物珍しいと思われますが、一切は「大阪都青写真」の為にやっていると思われています。この時期には地域の夏場イベントや盆踊りにあるはずですが長く府議会を通じてないのでどうなっているのか理解しがたいと思われています。とっくに都青写真の雛形などは総務省には提出していますが一切維新の会が中心となってやる事でどうして判断されるのかわからないという思われています。また、新陳代謝させられた野党も嫌うようにしたくないのか「反比例」企てを出している状況そうです。どうして総務大臣が答えを出すのか確定をむかえる状態なのです。ただし、大阪府は一切が維新の会で動いてるような気がします。プラス因習も一切切取り削減したと思われていますが、自身にはこれも必要だと思われていますが、こういう「都青写真」だけは譲れないと思われている事は取り敢えずないと思われています。翌年の春は里選挙なので立て直しがあるといった思われています。悠々もいいと思われていますがこういう人達には前述へ行くしかないとしています。世界中はどうして判断して現れるのか市議会といった府議会議員の解散も辞さないと思われています。http://careerlingual.mobi/